人にやさしい、健康に暮らす、無垢材(自然素材)の家

塚越建設は無垢材の木の家づくりを、おすすめしています。なぜなら、
住み心地が抜きん出て優れているからです。なぜ無垢材の木の家が優れて
いるかを、これからご説明したいと思います。
 天然無垢材は木の長所を生かせる唯一の木造建築材料です。天然材を
住宅の建築用材として加工した木材を「無垢材」といいます。
無垢材は生きている木材で、化学物質を含まない自然素材です。したがって、
無垢材で建てた家はシックハウス症候群のような化学物質の汚染はありません。 
 また無垢材には調湿作用があり、かつ樹脂を多く含んでいることから水や
雑菌などから家を守る抗菌作用があります。 まさに無垢材こそ日本の気候風土
に適した建築用材といえます。

 

自然素材

 

無垢の柱(自然素材)    
 
無垢材は湿気に強く、劣化しにくいうえに、年を経て味わいを深める
自然素材です。 日本は気候の変化が大きく、湿気も多いため家の条件には過酷であります。 そのため日本の気候風土で育った国産材を使うのが望ましいです。
  無垢柱  200.jpg 
     
 集成材の柱    
 集成材は、木材と接着剤という全く別の性質をもつ2つの材料の組み 合わせで作ります。 寸法に狂いがなく、規格どおりにできているため 施工しやすい長所があります。反面湿気に弱いとか、接着剤からの化 学物質の発生が懸念され、使用箇所の吟味が必要です。 建築当時の強度だけではなく、如何に経年劣化を起こさない素材かを吟味することは大切だと思います    集成材の柱4  200.jpg
     
 無垢材フローリング(自然素材    
 天然素材100%の木材を使用したフローリングです。無垢材は空気を含み適度にやわらかいため足にかかる負担をやわらげます。木は暖 かく、呼吸をし、湿度の調節をしてくれる優れた断熱材です。自然の調湿機能と森林の香りの爽やかさで室内は快適。本物の木は、伸びたり縮んだり反ったりしますが、これこそ木が生きている事実です。 シックハウス症候群の原因はまったく発生しません。 
   無垢の板200.jpg

 

    天然の壁材(自然素材
IMGP1988.jpg 200.jpg  

壁や床の仕上げは自然素材を使います。漆喰、健康塗り壁や無垢の板材です。合板、アクリル、ポリカーボネートなどの建材を否定している訳ではありません。各々適材適所に採用します。

     
    無垢の内部仕上げ材(自然素材
DSCN0255.jpg 200.jpg  

窓枠、ドア枠、回り縁、幅木などの仕上げ材に無垢か張り物を使うかで、家の品格が違ってみえます。違うと同時に有害物質を出しません。
また使うほどに味わいが出るものです。 ただ、全体の仕様を考えると無垢材でない方がよい箇所があります。床暖房をする場合、無垢フローリングの下地には合板。防水工事の下張りは伸縮の少ない建材。タイル張りの下地には、無垢の木は伸縮するため、タイルが割れる可能性があるので使いません。それでもなるべく無垢の木を使いたいのは、健康的であると同時に毎日がさわやかである一点です。

     
    漆喰(自然素材)
漆喰11 200.jpg   日本の家づくりは昔から漆喰が使われてきました。大事な骨董品、掛け軸、書物など蔵にいれ湿気やカビなどを防いできました。漆喰はホルムアルデヒドなどの揮発性有害物質を分解するか吸着する働きをするといわれています。
空気は浄化され爽やかです。多くの病院、医院の病室に漆喰が採用されています。
     
     
 健康塗り壁(自然素材)ケルザイム    
「ケルザイム」はアメリカのごく一部の地域でしか採れない、純度の高いカルシウムとミネラルが豊富に含まれた約7000万年前の太古の化石です。「ケルザイム」は内壁仕上材だけでなく、サプリメントや土壌改良剤など様々な分野で安全な素材として使われています。健康塗り壁はケルザイムを原料とした塗り壁材です。   k-6  200.jpg
健康塗り壁は、調湿効果はもちろん、優れたニオイの吸着分解効果を発揮し、清涼感のある空気質に変える事ができる安全で高機能の内壁仕上げ材です。シックハウス対応の安全な健康建材でもあります。お客様から「電気代が違う」「エアコンの効きが良くなった」「湿気を感じないからエアコン無しでいられる」等のお声をいただきます。 最近は多くのクリニックで採用が増えています。   402 200.jpg


汚れた場合お手入れは簡単で、中性洗剤を薄めた水に浸したタオルで容易に落ちます。

   2-2  200.jpg
 


デザイン性に優れ、カラーは基本で50色用意。お好みのカラーで壁を楽しむ事ができます。

   204nihyaku.jpg